自然治癒力を高めて、体の中からあなた本来の元気を引き出す、安心の整体/骨盤矯正 自然療法センター橋本

【鎌ヶ谷・船橋】整体・光線療法 | 自然療法センター橋本の腰痛・肩こり・五十肩に硬枕

暮らしのヒント
  • mixiチェック

腰痛・肩こり・五十肩に硬枕

■2015/03/15 腰痛・肩こり・五十肩に硬枕
腰痛・肩こり・五十肩に硬枕
 
腰痛・肩こり・五十肩を疎かにしていけないのには、理由があります。

腰痛・肩こりが起るには原因があるからです。

一時的な筋肉疲労であれば、休めば良くなってきますが、慢性的になって終うと次に起ってくる病気が懸念されるからです。

腰痛は、骨の異常・内臓疾患に気使って欲しいですし、肩こりに就いても同様に内臓や動脈硬化による脳疾患、心疾患も懸念されるからです。

長期に亘る腰痛・肩こりは、改善にも時間が必要ですし
日々の生活習慣を見直すことが、求められます。

睡眠も熟睡できるように、睡眠環境は大事です。
長時間毎日使う寝具、枕により、腰痛や肩こりが出てしまうことも多いのです。

ベッドや布団などは、硬く、通気の良いものを選びます!

硬枕をお勧めします。

硬枕(木枕)は、首の形を保ち脳への血流を阻害しないのでとても良いと感じています。
***
硬枕は、頚椎3,4番を中sんにあてて寝ます。

痛くてやりきれない人は、この副脱臼で歯が悪い、副甲状腺機能が悪い。
そこで3,4番を整え副甲状腺機能を働くようにします。

副甲状腺機能低下は、テタニー(筋肉の躍動摩擦)をおこし、水分を失いガァ二ジン増加、カルシウム減退、グローミュー消失、硬化を起こす。

副甲状腺機能が発揮できないと副甲状腺ホルモンの分泌がうまく行かない。

すると血液中のカルシウムが欠乏してくる。一方ガァ二ジンは増してくる。

血中のカルシウムの欠乏とグァ二ジンの増加は老衰する。

左右の首の自由を奪う枕は、就寝中に不正発汗し水分、塩分、ビタミンCを失うので補給せねば、尿毒症、胃弱となり衰弱から足の故障に。

放置すると、心臓、腎臓、血管の障害を起こす。

と西式の西勝三氏の講演録から引用しました。
***

実際に硬枕を使われるととても痛く、しびれるような感覚です。

少しずつ慣れ使い続けると、目覚めもすっきりしてくることが分かります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
自然医学療法センター橋本
http://ryohoucenter.net/
http://hashimoto-kenkou.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県鎌ケ谷市東初富1-11-2
TEL:047-440-8805
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/vQxRmw
Twitter:http://goo.gl/ibWOFY
mixi:http://goo.gl/ih4oJy
ameblo:http://goo.gl/f02wbV
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▲TOP

Copyright © 2009 自然医学療法センター橋本 All rights reserved.