自然治癒力を高めて、体の中からあなた本来の元気を引き出す、安心の整体/骨盤矯正 自然療法センター橋本

【鎌ヶ谷・船橋】整体・光線療法 | 自然療法センター橋本の脳波の異常・痙攣の改善例

お店からのメッセージ
  • mixiチェック

脳波の異常・痙攣の改善例

■2015/09/17 脳波の異常・痙攣の改善例
秋田のお友達から、姪御さんのお子さんについての相談を受けた事がありました。

生まれて6ヶ月経つか経たない赤ちゃんですが、3ヶ月位から痙攣など発作を起こし、検査の結果脳波に異常が有り癲癇という診断を受けている。

お医者さんからは、治らないので一生薬でコントロールしていくしかないと言われ薬を飲ませているが、発作は治まらず目が離せず家族中が困惑している。

少しでも改善出来る事があったら教えてとのこと。

痙攣は、脳と腸との関係で起っていること、腸を改善すると良いことを伝え具体的な方法を伝えました。

まず、お乳を与えているお母さんの食改善、甘いものなどお乳に悪影響の食べ物を摂らないようにする。

赤ちゃんには、排便と皮膚の呼吸機能を活性化してあげることが大事であること。

本来、生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内に大量の宿便が有るそうで、この排泄をしてから授乳を始めないといけないそうです。

また、母体から出ると肺呼吸が始まりますが、皮膚の呼吸機能も十分働くようにしないといけないのです。

その二つの機能の低下状態が、脳の発作に結びついていると西式健康法は教えています。

大人と違って、断食や裸体操も大変です。そこで具体的に、赤ちゃん用の脚袋を作り脚袋法で体温を上げつつ、洗腸を毎日して排泄を促し、湯タオルで皮膚を拭くようにすると良いのではと伝えました。


ーお子さん用の脚袋ですー

お母さんは家族の協力のもと、一生懸命実践されたそうで、結果、まもなく発作を起こさなくなり、検査で脳波も正常となり癲癇が良くなったのです。

今から10年以上前のことになりますが、先日お友達に電話をした際に、その子が元気な声で電話口に出てくれました。

その後も脳波も正常で、発作は一度も起っていないそうです。

お母さんやご家族の愛情が功を奏したのでしょう!とても嬉しく思いました。

常に便秘をせず、皮膚の健康を心掛け、健康な心身づくりを心掛けたいですね。

自然医学療法センター橋本
TEL 047-440-8805



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
自然医学療法センター橋本
http://ryohoucenter.net/
http://www.hashimoto-kenkou.jp/
http://kenkounomise-hashimoto.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県鎌ケ谷市東初富1-11-2
TEL:047-440-8805
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/vQxRmw
Twitter:http://goo.gl/ibWOFY
mixi:http://goo.gl/ih4oJy
ameblo:http://goo.gl/f02wbV
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▲TOP

Copyright © 2009 自然医学療法センター橋本 All rights reserved.